中途半端男人生を少しだけ振り返る

転職を調べたらDmmweb campってのが厚生労働省の推薦かなんかでずっとやっているらしい。
85マンのうち56マン返ってくるのかただそれでも30マンくらいかかるからな、30万円そもそも仕事できないんだから30万円ドブに捨てて習いに行ったところでなと思ってしまうな。

今まで28年間の経験から自分の能力については一ミリも信用してない

俺はクズ中のクズぐらいに思ってる。

仕事でまた昨日もミスをして、怒られた。

怒られたこと自体にはあまり心が動いていないけど、このまま中途半端な気持ちで仕事してていいのか?なんて思う。

俺は人生ずっと半端で生きてきた。小中学生の頃から机に向かうのは宿題を嫌々やるときぐらいで、部活もサボり魔だった。

そんな俺が唯一頑張ってたのが、大学受験だな。
高校生の頃は今までの自分じゃ考えられないくらい頑張ってたと思う。

まぁ受験勉強を頑張ったのも具体的にやりたいことがあったとかじゃなかった気がする

いい大学に行ったら、いい出会いがあって、薔薇色のキャンパスライフのもと、俺のくそみたいな人生も180度変わるんじゃないのかなんて淡い期待をしていたのが懐かしい。

実際は大学入って授業もろくに出ずに中退。

働きたくない、家から出たくないしか考えていなかった。

俺はずっと半端ものなのかもな、でも半端ものなりにカッコいい半端ものになりたいな




この記事へのコメント